レイキ体験記

自己浄化期間中つらかったこと②夫の反抗期

こんにちは!ひいろです。

レイキを習い始めてから、突然いろいろと考えさせられるような出来事が立て続けに起きました。

これは偶然とは思えません。

おそらくレイキの「癒やしのプロセス」の1つなんだろうと思います。

 

そのうちの1つは、「息子の受験をきっかけに、親である自分のエゴ・執着がむき出しになった」ことでした。

↓詳しくはコチラの記事で紹介しています。

自己浄化期間中つらかったこと①息子の受験問題こんにちは!ひいろです。 前回、レイキのファースト・ディグリー中に気の滅入るような出来事が次々と起きたというお話をしました。 ...

 

そして今回はもう1つ家庭内で起きた問題、「なぜかこのタイミングで夫の反抗期が来てしまった」件についてご紹介しようと思います。

 

気配り上手で真面目な夫

夫は、私と同じくHSP体質です。

HSPって何?と首をかしげる方もいらっしゃると思うので、あらかじめご説明しておきますね。

HSPとは、以下のような性質を持つ人のことをいいます。

  • 考え方が複雑で、よく考えてから行動する
  • 刺激に敏感で疲れやすく、傷つきやすい
  • 周囲の小さな変化に気づく
  • 人の気持ちに共感しやすいため、時に振り回されることも

全人口の15~20%の人に見られるそうなので少数派とはいえ、まれな存在というわけではありません。

HSPの人は他の人よりも周囲の変化に敏感。

そのため家庭や仕事の場で気を遣いすぎて、疲弊しやすいという特徴があります。

 

我が家の場合どちらもHSPなのですが…どちらかというと夫の方がHSPの性質は強め。

そのため、夫の方が先回りして気遣ってくれる場面が多いように思います。

10年前私はうつ病を発症しましたが、その際もずっと支えてくれました。

 

うつ病って…「ずっと落ち込んでふさぎこんでいる」というイメージがあるかもしれませんが、実はそうとは限らないんです。

思考力や感情のコントロールをつかさどる脳の「前頭葉」の機能が衰えるので、ネガティブな感情が制御できなくなります。

そのため、近しい人に対して暴言を吐いてしまうことも。

まあ自分で言うのも何ですが…結構メンドクサイ状態ですよね💦

よほど親しい友人か、家族でなければとても耐えきれないと思います。

でも夫は、そんな私から逃げずに辛抱強く寄り添ってくれました。

その頃はある意味…お互いにベクトルが向いていたんだと思います。

しんどくはあるけれど、互いに「この人には自分しかいない!」という思いがガッチリあって相思相愛の関係でした。(共依存といってもいいかも…(;´Д`))

 

ところが。

私の体調が落ち着いてくると今度は私の母ががんになり、厳しい闘病生活を送るようになりました。

自然と、私の意識は母にばかり向くように。

最初はそんな私に共感を示してくれていた夫ですが、じょじょに2人の間に気持ちの温度差が出始めました。

(でもそれはまあ、「実の母」と「義理の母」ですから仕方のないことだったと思います💦)

話しても「うじうじしても仕方ないでしょ」と突っぱねられることが多くなり、私はだんだん夫に自分の気持ちを話さなくなりました。

そうすると互いに相手への不満が目につくようになってきて、少しずつ夫婦の関係は冷めていきました。

そんな夫が言い放った一言「もうゴミ箱はやめる」

夫は以前から、「仕事をしていると自分はゴミ箱にされるんだ」と不満を口にしていました。

先回りして行動できるため、相手から求められる前に助けてしまう。

その結果「いつでも助けてくれる人」と思われる。そして空気を読みすぎるため、反論もできない。

なめられてしまい、利用されることが多くなる。

 

こんな感じです。

環境が変わり人が変わっても、結局面倒な仕事をおしつけられる。まるで「ゴミ箱」のよう…。

よくそうぼやいていました。

 

そんな夫ですが、息子の受験のことで家の中がゴタゴタしているさなか。

ある日自宅でぽつりと言ったのです。

「もうゴミ箱はやめようと思う」

と。

 

以前から職場での「ゴミ箱」発言をきいていたので、私はてっきり仕事の話だと思い。

ひいろ
ひいろ
うん。自分ファーストでいいんじゃない?最初は不満を言われると思うけど、やがて利用しようとする人は離れていって、自分を大切にしてくれる人だけが残るよ。

そうアドバイスしました。

 

 

そうしたら、突然翌日から夫は「家庭の中で」超マイペースに行動し始めたのです…。

 

私が家事や育児でバタバタしていても、まったくこちらを見ようとせず寝転がってスマホ。

カレンダーに「釣りに行く日」と書き、その日が来ると休日だろうと夜だろうと車に乗って出ていってしまう。そのため休日は完全にワンオペ。

何かお願いすると、極端な塩対応。怖くて相談できない。

 

そうなって私はやっと気づきました。

ああそうか。夫は「家庭でもゴミ箱にされている」と感じていたのか…と。

 

その時突然、ナオコ先生から言われたセリフが頭の中に浮かびました。

ナオコ先生
ナオコ先生
レイキを始めると、レイキがひいろさんを通して波及していって家族みんな心身改善するからね。周りの変化もお見逃しなく♪

ああ、そういうことか…。

 

 

それにしても…。

私に変化が起きて、その結果夫も変わるっていう意味じゃなかったの?

私じゃなくて、夫にメッチャ変化が起こってるやーん(@_@;)

 

「夫婦は合わせ鏡」なんていいますが、まさかこんなことになるとは…。

予想外の展開すぎて、もはや笑うしかありませんでした。

朝から盛大にダメ出し、キツすぎて泣きそう…

起こった変化はそれだけではありませんでした。

朝起きると夫が待ち構えていて、「私が過去やったことに対する苦情」を訴えられるのです。

内容は、数日前に私がしたことから何年も前に口にしたことまで、多岐にわたります。

ひいろ
ひいろ
朝一番で言われると凹むから…せめて夜にしてくれないかな…?

そう言うと、

「夜に言って、お互いに眠れなくなったら困るでしょ!」

と。

ひいろ
ひいろ
うん、まあ…確かに。(怒っているのに意外と冷静ナンデスネ…)

 

でも何年も前の話を蒸し返されるのは、正直キツイ…。

「今更どうしろっていうの!その時に言えばいいじゃん!」

という気持ちも強くて。

世の夫は「妻から、過去の過ちを何回も蒸し返される」となげくようですが。

この時の私がまさにこの状態でした。

面と向かって責められるとやはりしんどいです。

自分なりに反論したい気持ちもありましたが…。

ナオコ先生
ナオコ先生
一番いけないのは深刻になること。良かれと思い込んでしたことが、本末転倒の事態にならないように!視点を高くもってね。

ナオコ先生からそうアドバイスを受けていたので、自分からアクションを起こすのはやめた方がいいと思いました。

それに、夫が私に苦情を訴えている姿がまさに「癒やしのプロセス」なのかな…とも思ったし。

だから言われるたびに「確かにそうだね。ごめんね」と謝り続けました。

 

でも数日後にまったく同じ内容を蒸し返された時はさすがに耐えきれず、「それはこの間ちゃんと謝ったよ!」と言い返しました。

そうしたら…な、なんと。

「そうだった?自分の思いを伝えることに一生懸命で、ひいろさんの言葉が耳に入ってなかった」

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

撃沈…。

この頃は、とにかく心を落ち着かせるため必死でレイキ→朝は夫のサンドバッグ→夫を送り出したらひたすら仕事…という状態でした。

夫の手伝いも得られず、我ながらよく家をまわせたなあと思います💦

そんな時に味方してくれたのは、自分自身だった

この頃の私は「夫からは責められる・子供たちは体調やメンタルが不調・自分はスケジュール過多でへとへと」というフルコンボ状態でした。

頭の中では「これは浄化期間だから!いつか終わるから大丈夫!」と言い聞かせる毎日。

でも内心、「味方なんてどこにもいない…」と気が滅入りそうになっていました。

 

でもそんな時。

レイキヒーリングの練習中、突然自分の中にいる“もう1人の小さな自分”のイメージがふっと湧いてきたのです。

その子は、「ここにいるよ。私が味方だよ!」と一生懸命手を振っていました。

その瞬間。

すごく心が温かくなって、百人力の味方を手に入れたような気がして、自分に対して心から「ありがとう…」と思ったのです。

 

夫から責められる内容は、自分でも薄々前から気づいていたことばかりでした。

だから責められるうちにだんだんと、「これは自分の潜在意識が相手を通して言わせてるのかも…」と思うようになりました。

自分の中にある自己否定の気持ちが、夫の口を通して吐き出されている。

そしてそれを必死で守ろうとしている「もう1人の小さな自分」。

ひいろ
ひいろ
ああそうか、これは全部自分が起こしてることなんだな。周りは見ず、とにかく自分の内面をありのまま見つめて受け入れていけばいいんだ。

ストンと腑に落ちました。

そしてそんな日を繰り返すうちに、だんだん夫の朝の爆発はなくなっていき。

夜や休みの日にふらっと出ていくこともなくなりました。

ひいろ
ひいろ
一件落着…かな。

 

…でも残念ながら、そんなに甘い話ではありませんでした。

この時は収まったかに見えた夫の反抗期は、セカンド・ディグリーでまた再発するのです…とほほ(T_T)

浄化はそう簡単にできるものじゃない…そういうことかもしれませんね💦

 

長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございます(#^.^#)

今日学んだコト
  • レイキで感情を癒やそうとすると、気づきを与えるようなツライ出来事が起きることもある
  • その気づきは、身近な人の言動を通して与えられることもある
  • レイキで瞑想状態に入ると、「自分の中にいるもう一人の自分」がかいま見えることも
  • HSPを怒らせるとホントにコワい!((((;゚Д゚))))

続きはコチラ↓

アチューンメントを受けてみました。パート2【講座29日目】こんにちは!ひいろです。 レイキヒーリング講座を受講し始めて29日目。 「肉体へのヒーリング」がテーマだったファースト・ディ...