レイキ体験記

レイキの自己浄化期間、黒いモノがいっぱい出ました。【講座21日目】

こんにちは!ひいろです。

マッサージを受けた時あるあるかもしれませんが…。

疲れた体を丁寧にほぐしてもらったはずなのに、逆に痛みが出たり、だるさが出たり…。

「あれ、悪化した?」

と感じることってありませんか?でもしばらくするとおさまって、その後回復していくという…。

ひいろ
ひいろ
こんな風に、一度症状が悪化した後に回復していく(vの字のような)現象を「好転反応」と言うそうです。

 

レイキヒーリングの「癒やし」のプロセスにおいても、同じようなことが起こります。

ただしレイキの場合、体調だけでなく 感情 もV字回復することが多いようです

 

だから、レイキを続けていく中で一時的にネガティブな感情が出てくるのは、よくあることだそう…。

ファーストディグリーの「自己浄化期間」では、その感情を少しずつ癒やしていく作業を行います。

今回は、自己浄化期間中に出てきた「ネガティブな感情」についてご紹介しようと思います。

びっくりするくらい出ましたよ💦(自分でも引きました笑)

最初はソフトだった…

レイキヒーリングを始めた最初の週は、ウキウキワクワク、何をするのも珍しくて、楽しみながら練習を続けていました。

 

私は、半年ほど前に実母をがんで亡くしています。

亡くなる前は、本当に言葉にできないほどツライことが多かったので、亡くなった直後はむしろホッとした気持ちが強かったように思います。

これでもう、母は苦しまなくていいんだと思って。

あの世がどんな場所かは分かりませんが、少なくとも自分の体がちょっとずつ言うことをきかなくなる、あの絶望的な気持ちはもう味わわずに済みますから。

…これでよかった。

そう思って、できるだけ母のことは考えないようにしてきました。

 

というより日常に追われて考える時間があまりなかった、といった方が正しいかもしれません。

仕事はあるし、家族のこともあるし、残された父のことも考えなくてはいけないし…。

でもレイキヒーリングを始めてから、ヒーリング中に母のことを思い出す機会が増えました。

そして次から次へと「ありがとう」の気持ちが湧いてきて、ヒーリング中にボロボロ涙がこぼれることも。

「1日60分自分に向き合って良かった。この時間は母に会えるような気がする」

そう思って、温かい気持ちになることもしばしばでした。

 

でもそれと同時に、イライラすることも増えました。

多分、自分の内面を掘り下げていくためでしょうね。

うつ病がひどかった頃の気持ち、情けなさや自分へのいら立ちが次から次へと思い出されて、気持ちが落ち込む日も多かったんです。

でもそれもまあ、予想の範囲内でした。

ところが…。

それがだんだん、予想外の展開に…

アレレ?

以前、ヒーリング中のネガティブな感情に悩み、先生に相談したことがあります。

詳しくはコチラ。

内向的な人にはメール講座がぴったりだと思った話。【講座9日目】こんにちは!ひいろです。 レイキヒーリング講座、9日目です。 今回は、レイキの練習中に感じた疑問を先生にバンバンぶつけてみた...

心を安定させるためにヒーリングをやっているのに、逆にイライラが増したような気がして怖くなったんです。

でも先生に「焦りやイライラはよくある」と言われ、ホッとしたのもつかの間…。

 

レイキを始めて10日を過ぎたころから、

「イライラ」というレベルではないくらいの、ネガティブな出来事が起こり始めたのです。

そう。

感情が…じゃなくて、出来事が起こり始めました。

 

ひいろ
ひいろ
あれ?思ってたんと違う…。

 

私はヒーリングの練習をしていく中で、ネガティブな感情を思い出す→イライラする という流れが起きると思っていたんです。

でも実際は。

ネガティブな現象が起きる → 心が乱れてイライラする 

という感じでした。(あくまでも私の場合は、ですが…)

ひいろ
ひいろ
…この状況で、気持ちを落ち着かせるなんて無理デス…。

 

心理学や自己啓発の分野などでも言われますね。

ネガティブな感情は、味わい尽くすと消えてなくなる。

でも心の中にネガティブな感情をためこんでしまい、きちんと昇華できなかった場合。

潜在意識はその感情を味わい尽くすため、もう一度「その感情を味わえる現象」を引き起こすという…。

 

この話をきいたことがあったので、私は「ああ、それが来ているのかな…」と思いました。

前回紹介した通り、2人の子供たちは体調不良になったり、精神的に不安定になったり…。

いろいろと気をもむことが続いていました。

でもそれは、普段でもよくあることです。

でも今回は、特大のキツ~イものが、2つ同時にやってきたんです。

 

自己浄化期間中つらかったこと1:息子の受験問題

注:こんな風にグレちゃったわけではないので、ご安心ください笑

1つ目にドカンと来たのは、息子の受験問題です。

レイキヒーリングを習い始めたちょうどその頃、息子の進路を決める面談が立て続けにありました。

志望校はもう何年も前から、「A高校」がいいな…と(本人含め)思っていました。

その学校は自転車ですぐに通える距離にあり、私たちの地区では比較的「難関」とされている学校です。

でも今までの成績からすれば、十分合格圏内に入りそうでした。

ところが。

なぜか「昨年だったら合格できたかもしれないけれど、今年だと難しい」

という現象が起こったんです。

 

ひいろ
ひいろ
…信じられます?

 

そのことを知り、息子はすぐに「じゃあ近くにあるB高に行く」と言いました。

その高校は通いやすくはあるけれど、ランクはずっと下。

え?そんなに下げるの?なんで?

まあそんな割り切れない気持ちも、結局は親のエゴなんですが…。

とにかくこの志望校問題で一時、家の中がかなり険悪な雰囲気になってしまいました。

自己浄化期間中つらかったこと2:夫が反抗期を迎える

もう1つ、つらかったこと。

それは息子の受験校を決めるタイミングに呼応したかのように、夫の「反抗期」が始まってしまったこと…。(40代男子が、まさかの…)

夫はHSP体質です。

むしろぼんやりしている私よりも、周囲に対する気遣いは抜群です。

私が長い間うつ病で日常生活がままならなくなってしまった時は、肉体的にも精神的にも支え続けてくれました。

休日は料理の苦手な私にかわって食事を作ってくれることも多く、不機嫌な顔を見せたこともほとんどありません。

 

ところがその夫が、息子の受験のことでゴタゴタしているこのタイミングで、

「もうゴミ箱になるのはやめる」

と宣言し、周囲への気配りを一切やめてしまったのです。

 

え?ゴミ箱ってどういうこと?

っていうか、私じゃなくて、夫にメッチャ変化が起こっとるがな!!!! ←と、ツッコまずにはいられない笑

 

 

…ただし今振り返ってみると、その時の出来事にはちゃんと意味があったんだと分かります。

一度下に下がり、いろんな気づき&手放しを経た結果、以前よりもぐっと心が上向きになった、ということです。

だから十分納得はしたのですが、やっぱり今振り返ってみてもキツかった…。

次回、2つの問題について詳しくお話しようと思います。

もし興味のある方がいましたら、読んでみてくださいね💦

最後までお付き合いくださって、ありがとうございました(*^^*)

今日学んだコト
  • レイキを習うと、ネガティブな感情が出ることもある
  • それどころか、気づきを与えるような強烈な「出来事」を起こすこともある
  • でもすべてが、必要なプロセス🎵

続きはコチラ↓

自己浄化期間中つらかったこと①息子の受験問題こんにちは!ひいろです。 前回、レイキのファースト・ディグリー中に気の滅入るような出来事が次々と起きたというお話をしました。 ...